漁船がロシア船と衝突、転覆 3人心肺停止、北海道沖

26日午前6時ごろ、北海道紋別市の紋別港の北東沖約23キロで、紋別漁協所属の毛ガニ漁船、第8北幸丸(9・7トン、吉岡照由船長、5人乗り)とロシア船AMUR(662トン、23人乗り)が衝突、漁船が転覆した。

地元消防によると、漁船の乗組員5人全員が救助されたが、3人が心肺停止。残る2人のうち、1人は軽傷で、もう1人にケガはないという。

紋別漁協によると、漁船の乗組員は30~60代でいずれも男性。

会員限定記事会員サービス詳細