五輪中止主張の朝日に「高校野球のノウハウ届けて」 維新・馬場幹事長 - 産経ニュース

メインコンテンツ

五輪中止主張の朝日に「高校野球のノウハウ届けて」 維新・馬場幹事長

日本維新の会の馬場伸幸幹事長は26日の記者会見で、朝日新聞が同日の社説で東京五輪・パラリンピックの中止を菅義偉(すが・よしひで)首相に求めたことについて、「ずいぶん思い切ったなと思う」と述べた。その上で社説が「(関係者が)順守すべき行動ルールも詳細まで決まっておらず、このままではぶっつけ本番で大会を迎えることになる」と主張したことに関し、「まだ日はあるので行動ルールを策定して、各国のオリンピック委員会に事前通達も出して、(新型コロナウイルス感染対策上)万全の体制をとることが必要だ」と述べた。

さらに、五輪閉幕翌日の8月9日に、朝日新聞社などが主催する全国高等学校野球選手権大会が甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕予定であることに言及。「早いところでは6月末から都道府県の予選も始まる。どう大会を運営するのか、感染症対策もどうするのか、はっきりルールが決まった上で、朝日新聞社も実行すると思う。ノウハウをぜひオリンピック委員会なりに届けてやっていただきたい」と述べた。