インドの死者、計30万人超、新型コロナ深刻な感染続く

インド・デリーに設置された新型コロナ治療センターの患者ら=23日(ゲッティ=共同)
インド・デリーに設置された新型コロナ治療センターの患者ら=23日(ゲッティ=共同)

インド政府は24日、新型コロナウイルス感染者の死者が計30万3720人になったと発表した。30万人を超えるのは米国、ブラジルに次いで3カ国目。

1日当たりの死者は4454人だった。世界保健機関(WHO)の集計では、直近1週間に世界で死亡した感染者の3分の1以上をインドが占めており、深刻な事態が続いている。

一方、1日当たりの感染確認は24日発表で約22万2千人。40万人を超えていた今月上旬に比べると減少しているが、拡大ペースは世界で最も速く、医療体制は逼迫(ひっぱく)したままだ。

インドの死者が計20万人を超えたのは4月28日で、1カ月未満で10万人が死亡したことになる。

1日当たりの死者は3千~4千人台で推移。1週間の感染確認では、世界の約413万9千人のうちインドが約184万6千人を占め、4割を超えている。(共同)