西日本中心に黄砂の恐れ 交通障害恐れも 気象庁

気象庁は24日、西日本を中心に25日は広い範囲で黄砂の飛来が予想されるとして注意を呼び掛けた。水平方向で見通しが利く距離「視程」が10キロ未満になるという。場所によっては視程が5キロ未満まで落ち、交通障害が発生する恐れがある。

会員限定記事会員サービス詳細