さまよう彼女たち

コロナ禍で死を選んだ 今は誰かを救いたい

「コロナと女性」橋本なずな うつ病や自殺未遂の経験から、カウンセラーと利用者を結ぶ事業を立ち上げた橋本なずなさん=13日、大阪府守口市(南雲都撮影)
「コロナと女性」橋本なずな うつ病や自殺未遂の経験から、カウンセラーと利用者を結ぶ事業を立ち上げた橋本なずなさん=13日、大阪府守口市(南雲都撮影)

収束の兆しが見えない新型コロナウイルス禍で社会全体が疲弊する中、女性を取り巻く環境の厳しさが露呈している。失業、生活困窮、DV被害、そして自殺-。さまざまなデータから見えるのは、厳しい状況に追い込まれた女性が増えているという現実だ。

昨年度平均の非正規労働者数は、男性が前年比32万人減だったのに対し、女性は倍以上の65万人も減った。また、昨年自ら命を絶った女性は前年度比935人増の7026人。一方、男性は23人減だった。これまで、不況時の自殺は中高年男性に多いという傾向だったが、状況は一変している。

■「さまよう彼女たち」特集ページでは、支援・相談窓口の連絡先・活動内容などを紹介しています

ランキング

  1. 愛子さま、ティアラ着用のドレス姿ご披露 両陛下への成年のごあいさつ終え

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 【経済インサイド】コロナもきっかけ 米国で温水洗浄便座販売が急増

  4. 愛子さまに勲章授与へ 来月成年、黒田清子さんのティアラご着用

  5. 愛子さま、宮内庁長官らから祝賀お受けに

  6. 三遊亭円丈さん死去 新作落語で人気

  7. 茨城の義務教育学校が優勝 第16回給食甲子園

  8. 【朝晴れエッセー】阿佐ヶ谷のほほん暮らし・12月5日

  9. 【性ホルモンを学ぶ】①その不調、男性更年期障害かも 夫婦で知りたいチェックリスト

  10. 【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(851)オミクロン株、正しく恐れよ