交通事故偽装し保険金詐取未遂の疑い 横浜市の男ら3人を逮捕

神奈川県警本部
神奈川県警本部

交通事故を偽装して保険金をだまし取ろうとしたとして、神奈川県警交通捜査課は20日、詐欺未遂の疑いで、横浜市緑区鴨居の会社員、桑本裕幸容疑者(24)、同市泉区岡津町の会社役員、杉山裕真容疑者(28)、犯行当時19歳だった同区内の会社員の男(20)を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

逮捕容疑は共謀のうえ、昨年7月22日午前0時ごろ、同市戸塚区内の市道で、桑本容疑者が起こした単独の自損事故を普通乗用車2台が絡む人身事故にみせかけ、東京都内の保険会社に虚偽の申請をして保険金計約230万円を詐取しようとしたとしている。

同課によると、3人は以前からの顔見知りで、桑本容疑者が事故直後に杉山容疑者らに連絡し、接触事故に偽装。桑本容疑者の110番通報を受けて駆け付けた警察官にも虚偽の事実を伝えていた。現場の状況に疑いを持った保険会社側が県警に告訴し、捜査が進められていた。

会員限定記事会員サービス詳細