「誹謗中傷 認定に感謝」木村花さん母 投稿男性に賠償命令

フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー、木村花さん=当時(22)=が昨年5月に亡くなった後、ツイッターに中傷の投稿をして遺族の心情を傷つけたとして、母親の響子さん(44)が長野県在住の男性に損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であり、池原桃子裁判長は男性に慰謝料など約129万円の支払いを命じた。

判決によると、花さんが会員制交流サイト(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷を受けて昨年5月23日に自死後、男性はツイッターに「あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう」「テラハ楽しみにしてたのにお前の自殺のせいで中止。最後まで迷惑かけて何様?地獄に落ちなよ」と投稿した。

響子さん側は「限度を超えた侮辱行為」などと主張。池原裁判長は、男性側が弁論に出廷せず、書面での反論もなかったことから事実関係を認めたとみなした。響子さんへの慰謝料は50万円とし、男性を特定するのに要した調査費用も全額を支払うよう命じた。

判決後、東京都内で記者会見した響子さんは「裁判所が重大な誹謗中傷だと認めてくれたことは感謝している」とした上で「ゆがんだ正義感で、批判という名の中傷をしてしまっている人が多い。判例を残すことで、批判と中傷の境目を分かりやすくしたい」と語った。

響子さん側は、他の複数の投稿についても、情報開示や損害賠償請求の手続きを進めている。