鍵山が日本スケート連盟の最優秀選手に

日本スケート連盟は19日の理事会で2020~21年シーズンの最優秀選手に相当するJOC杯受賞者としてフィギュア男子で世界選手権に初出場し2位に入った鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)を選出することを承認した。

優秀選手には世界選手権男子3位の羽生結弦(ANA)らが既に選ばれている。スピードとショートトラックは新型コロナウイルスの影響で国際大会に派遣せず、選考対象にならなかった。

会員限定記事会員サービス詳細