木村花さん中傷、ツイッター投稿の男性に賠償命令 129万円

フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー、木村花さん=当時(22)=が昨年5月に亡くなった後、ツイッターに中傷の投稿をして遺族の心情を傷つけたとして、母親の響子さん(44)が長野県在住の男性に損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であり、池原桃子裁判長は男性に慰謝料など約129万円の支払いを命じた。

訴状によると、花さんが会員制交流サイト(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷を受けて昨年5月23日に自死後、男性はツイッターに「あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう」「テラハ楽しみにしてたのにお前の自殺のせいで中止。最後まで迷惑かけて何様?地獄に落ちなよ」と投稿した。

響子さん側は「限度を超えた侮辱行為」などと主張。男性側は弁論に出廷せず、書面での反論もなかった。