スーツケースから遺体 死体遺棄で捜査 琵琶湖岸

17日午後2時15分ごろ、滋賀県彦根市薩摩町の琵琶湖岸で、地元の男性(83)が、打ち上げられていたスーツケースを発見し、同市職員に連絡。職員がスーツケースから人の腕のようなものが見えているとして滋賀県警彦根署に通報し、県警が銀色のシートに覆われた遺体を発見した。県警は死体遺棄事件として捜査を始めた。

県警によると、スーツケースは発見時、ふたが外れた状態だったという。遺体は一部が白骨化し、年齢や性別は不明。県警が死因や身元の確認を急いでいる。

会員限定記事会員サービス詳細