一人親方も救済 原告女性「胸のつかえとれた」 81歳女性は仏壇の夫と息子に報告 建設石綿訴訟

記者会見に応じる原告団ら=17日午後、東京都千代田区(松井英幸撮影)
記者会見に応じる原告団ら=17日午後、東京都千代田区(松井英幸撮影)

「2人とも認めてもらえたよ」。建設アスベスト訴訟の上告審で、最高裁が17日、国とメーカーの賠償責任を認定し、個人事業主である「一人親方」に対する国の責任も認めた。石綿による肺がんで夫と息子を失った横浜訴訟の原告、栗田博子さん(81)は判決後、横浜市内の自宅に戻り、仏壇に手を合わせた。「『同じ条件で働いていたのにどうして』という思いがあった。ようやくいい報告ができ、胸のつかえがとれた」と安堵(あんど)をにじませた。

夫の秀男さんは大工として主に個人住宅を手掛けた。次男の圭二さんも、父の背中を見て大工となり、一緒に汗を流した。

しかし、秀男さんは平成19年に肺がんと診断され、後の手術で「肺がぼろぼろだ」と告げられた。間もなく酸素マスクが手放せなくなり、苦しそうに「体が痛い」と訴えた。なんとか和らげばと博子さんは背中をさすったが、「それしかできず、つらかった」。結局、20年に72歳で亡くなった。

秀男さんだけではない。翌年、圭二さんが「背中が痛い」といった。肺がんだった。圭二さんには婚約者がいた。結婚式を控えていたが、体力が保てず、かなわなかった。式を予定した日には、本人の強い希望で入院先から一時帰宅し、彼女と手を取りケーキにナイフを入れた。3カ月半後、新婚生活を送ることなく、40歳で息を引き取った。

2人とも作業中に吸い込んだ石綿が原因とわかり、博子さんは司法に救済を求めた。しかし、労働者だった圭二さんは救済対象となった一方、秀男さんは「個人事業主」という理由で賠償を得られなかった。「同じ仕事をしていたのに理不尽だと思った。すべての被害者を分け隔てなく救ってほしい」。そう願って長い裁判を闘ってきた。

会員限定記事会員サービス詳細