「ゴールデン・グローブ賞」中継見送り 主催者に人種偏り批判

米NBCテレビは10日、アカデミー賞の前哨戦としても注目を集める映画賞「ゴールデン・グローブ賞」の来年の授賞式を中継しないと発表した。

主催するハリウッド外国人記者協会をめぐっては、会員に黒人が一人もいないなど人種構成が偏っているとの批判が出ており、NBCは同協会が「意義ある改革」を成し遂げるためには時間が必要だと理由を説明している。

米メディアによると、米動画配信大手ネットフリックスや米メディア・娯楽大手ワーナーメディアなども同協会に改善を求めており、十分な対応がなされるまで同協会との業務を取りやめる意向を示している。

ロサンゼルス・タイムズ紙は2月、同協会の会員87人に黒人が一人も含まれていないと報道。協会幹部は同月末に開催されたゴールデン・グローブ賞の授賞式で「多様なメンバーが例外ではなく標準となる環境を整備する」と強調、改革に取り組む意欲を示していた。(共同)