現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月9日

「正」の字は、「一」と「止」で成り立っている。〈信念の独走を「一度、思い止(とど)まる」のが/「正」ということでしょうか〉。詩人の吉野弘さんは『「止」戯歌(ざれうた)』の一節にそう詠んでいる。正しさを振りかざす前に自分を顧みてはいかがか、と

▼コロナ禍に世情が荒(すさ)んだこの一年、「行き過ぎた正義感」という言葉をよく耳にした。SNSでの不平不満を募らせた投稿は、日を追うごとに言葉が尖(とが)り、一線を踏み越えた主張が誰かを傷つけている。詩人の憂いをよそに、ブレーキの故障を気に留めぬ人は多い

▼「五輪開催に反対を」「代表の辞退を」。SNSで、競泳の池江璃花子選手に無理無体な要求をした人たちがいる。コロナ禍で多くの命が失われ、五輪を開けばさらに犠牲が増える。あなたの強い影響力で流れを変えて―と。正論と暴論の見分けもつかないらしい

ランキング

  1. 【産経抄】5月23日

  2. 【世界の論点】マスク氏のツイッター買収

  3. 【主張】侵略国ロシア 「北方の脅威」にも備えよ

  4. 【主張】クリーンエネ戦略 原発新増設から逃げるな

  5. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

  6. 【正論】新・経済枠組みが問う日本の手腕 明星大学教授・細川昌彦

  7. 【多面鏡】精密司法を支える「取り調べ」 リスクだけで罪悪視する愚 大阪社会部長・牧野克也

  8. 【主張】国連安保理 露に常任理事国資格ない 岸田首相は改革に取り組め

  9. 【産経抄】5月22日

  10. 【世界の論点】焦眉の急 国連安保理改革

会員限定記事