元警官4人、連邦法で起訴 米黒人男性暴行死事件

米中西部ミネソタ州ミネアポリスの黒人男性ジョージ・フロイドさん=当時(46)=暴行死事件で、連邦大陪審は法の名の下に意図的に人権を侵害したとして、連邦法に基づきデレク・ショービン被告(45)ら元警官4人(事件後に免職)を起訴した。司法省が7日発表した。ショービン被告は4月20日、州法の第2級殺人などの罪で有罪評決を受けた。量刑は6月に言い渡される。

司法省によると、ショービン被告は昨年5月25日、フロイドさんを拘束する際、膝で首を地面に押さえ続けるという「過剰な力の行使」によって死亡させ、他の3人はそれを止めようとしなかったなどとして、4人が法の名の下で「意図的にフロイドさんの人権を侵害した」とした。

ショービン被告以外の3人の公判は今年8月に始まる予定。司法省は、ミネアポリス市警に市民への暴力的、差別的な対応が蔓延(まんえん)していないかどうかも調べている。(共同)