現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月5日

 先輩記者の千野境子さんから新著が送られてきた。マニラやニューヨークの特派員、論説委員長などを歴任した千野さんには、国際問題についての著書が多い。今回選んだテーマは、なんと北斎である。

 ▼北斎といえば、海外でもっとも名前が知られた日本人といっていい。中国外務省の報道官が、原発の処理水の海洋放出を揶揄(やゆ)する画像に北斎の代表作のパロディー画を選んだのも、知名度の高さを悪用したわけだ。

 ▼『江戸のジャーナリスト 葛飾北斎』(国土社)によれば、本人も海外情勢に並々ならぬ好奇心を示していた。当時幕府は、長崎のオランダ商館に4年に1度の江戸参府を義務付けていた。商館から絵の注文を受けた北斎が、商館長らからヨーロッパ情勢などを聞いていた可能性が高い。

ランキング

  1. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  2. 【主張】日米首脳会談 同盟で台湾防衛に当たれ 日本はIPEFに積極関与を

  3. 【産経抄】5月24日

  4. 【浪速風】弱気の虫を吹き飛ばそう

  5. 【風を読む】「官の関与」に懸念がすぎる 論説副委員長・長谷川秀行

  6. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

  7. 【一筆多論】データを使えない日本 佐藤好美

  8. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  9. 【主張】クリーンエネ戦略 原発新増設から逃げるな

  10. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

会員限定記事