現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月4日

 体全体を大きくひねる豪快なフォームが竜巻のように見えることから、名付けられた。日本人メジャーリーガーの先駆者、野茂英雄投手のトルネード(竜巻)投法である。

 ▼もっともそれ以前から米国で「ミスター・トルネード」の愛称で親しまれた人物がいた。1998年に78歳で亡くなった気象学者の藤田哲也さんである。北九州市出身の藤田さんは53年に渡米、シカゴ大学で竜巻の研究を始めた。

 ▼ラジオやテレビで市民に呼びかけ竜巻の写真を大量に集めて解析したり、小型飛行機で空から観察したりと、研究手法は独特だった。竜巻の構造を解明していくなかで、藤田さんは疑問を抱く。なぜ竜巻には、地震におけるマグニチュードのような尺度がないのか。被害状況や最大風速から竜巻の強さを分類する「F(フジタ)スケール」を編み出し、世界各国で使われるようになった。

ランキング

  1. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  2. 【産経抄】5月25日

  3. 【浪速風】はじめてのおつかい

  4. 【ソロモンの頭巾】長辻象平 ヒラメの応援団 処理水海洋放出「安心」に一役

  5. 【主張】クアッド首脳会合 「対中抑止」を一歩進めた

  6. 【iRONNA発】元少年Aの「性的サディズム」は本当に解消されたのか 立正大学文学部教授・小宮信夫

  7. 【正論】中絶の「死の文化」を広げぬため 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

  8. 【主張】米朝首脳会談 不完全な合意を危惧する 真の核放棄につながるのか

  9. 【正論】米韓同盟は消滅の危機にある 韓国の「三不政策」が米の嫌悪感を増幅しかねない 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

  10. 【湯浅博の世界読解】ロシアの戦略的な敗北シナリオ

会員限定記事