現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

国の名誉を守る「国旗損壊罪」を 国士舘大学特任教授 日本大学名誉教授・百地章

【正論】国の名誉を守る「国旗損壊罪」を 国士舘大学特任教授 日本大学名誉教授・百地章
【正論】国の名誉を守る「国旗損壊罪」を 国士舘大学特任教授 日本大学名誉教授・百地章
その他の写真を見る (1/2枚)

8国会も経ながら、立憲民主党による反対のための反対に押されて、自民党は未(いま)だに憲法改正国民投票法改正案の採決に踏み切れないでいる。良識ある国民を信じ、自民党は今こそ憲法審査会規程に従って粛々と裁決を行うべきだ。そして国民の審判を仰げ。

≪憲法改正への第一歩として≫

現在改憲の焦点となっているのは「緊急事態条項」や「自衛隊の憲法明記」だが、それ以外にも主権独立国家の再建のため必要と思われる改正点は多々ある。その一つが「国の名誉」を守る規定だ。

ランキング

  1. 【産経抄】8月19日

  2. 【主張】「佐渡」の遺産登録 政府は不手際を猛省せよ

  3. 【浪速風】安心材料がほしい

  4. 【石平のChina Watch】世界を巻き込む台湾有事

  5. 【正論】新内閣は経済安保〝二の矢〟急げ 明星大学教授・細川昌彦

  6. 【主張】習政権の台湾白書 国際社会は危機意識持て

  7. 【産経抄】8月18日

  8. 【偏西風】侵攻半年 キーウからの留学生 隷属しない心 大切に育てる

  9. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 英霊の嘆きが聞こえてくるで

  10. 【正論】平和のための軍事研究は必要だ 防衛大学校教授・神谷万丈

会員限定記事