日本のスウェーデン戦延期 カーリング

 1次リーグの中国戦で、作戦を話し合う吉村(手前中央)ら日本の選手たち=カルガリー(日本カーリング協会提供)
 1次リーグの中国戦で、作戦を話し合う吉村(手前中央)ら日本の選手たち=カルガリー(日本カーリング協会提供)

世界カーリング連盟は2日、カルガリーで開催中の女子世界選手権でテレビ中継のスタッフに新型コロナウイルスの陽性者が出たため、同日午前9時(日本時間3日午前0時)からの試合を中止し、延期すると発表した。北海道銀行の日本はスウェーデンと対戦予定だった。

選手や競技役員の陽性は確認されていない。競技会場を消毒し、選手らの陰性が確認された後、試合を再開する予定としている。大会は外部との接触を断つ「バブル」方式で開催されている。(共同)