現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月2日

 人生とは-の問いに、チャプリンは答えた。「大写しにすれば悲劇、遠写しにすれば喜劇である」。身に降りかかる災難は、自分という被写体の撮り方一つで涙も誘えば笑いも誘う。人生を一本の映画に見立てた「喜劇王」ならではの警句だろう。

 ▼手元に『がんマラソンのトップランナー』(文芸春秋企画出版部)という闘病記がある。著者の瀬古昴(すばる)氏が血液のがんである悪性リンパ腫との8年に及ぶ格闘をつづり、3月に自費出版した。かつて男子マラソンの雄として、世界に鳴り響いた利彦氏の長男である。

 ▼喜劇王の言葉は人生の指針という。「客観的に見ることで、辛(つら)いこともユーモアに変えられる」「全ての経験が『大きなプレゼントだった』と言える日が来れば」。放射線治療に骨髄移植、抗がん剤治療など、耐えがたい痛みの日々を顧みる筆致はとても柔らかい。

ランキング

  1. 【産経抄】5月29日

  2. 【主張】首都直下地震 1都3県は歩調合わせよ

  3. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  4. 【主張】かかりつけ医 機能発揮できる制度化を

  5. 【浪速風】43歳だった

  6. 【朝晴れエッセー】飼い犬に手をかまれる・5月29日

  7. 【ソウルからヨボセヨ】車は〝下車感〟が重要

  8. 【産経抄】5月28日

  9. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  10. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

会員限定記事