五感を通じて動物との触れ合いを 茨城県日立市かみね動物園(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

五感を通じて動物との触れ合いを 茨城県日立市かみね動物園

五感を通じて動物との触れ合いを 茨城県日立市かみね動物園
五感を通じて動物との触れ合いを 茨城県日立市かみね動物園
その他の写真を見る (1/4枚)

FIGHT10いきもの巡り

 茨城県日立市かみね動物園は、新型コロナウイルスの影響により昨年から今年にかけて2度の臨時休園となりました。休園日数の累計は84日間に及び、60年を超える動物園の歴史の中でも初の経験です。

 感染拡大防止のためにはやむを得ない措置となりましたが、この間少しでも自宅で皆さんに動物園を楽しんでもらおうと、インターネットを使った動画配信を行いました。名付けて「おうちでZOO!」という企画です。

 普段は入れない獣舎内部の秘密や、動物たちのレアな映像を多くの方に楽しんでいただきました。ですが本音を言えば、実際に園へ足を運んでもらい、動物たちを目の前にして初めての驚きや新たな発見、あるいは癒しを五感を通じて体験できるのが動物園の一番の魅力だと思います。

 当園は入園すると、すぐに2頭のアジアゾウが迎えてくれます。しかし実際には入る前から見えるので、小さいお子さんなどは親が入園券を買っている間に「うわあ! ゾウさーん」と歓声を上げ、敷地内へ走り込むこともあります。まさに自分の目で見てその大きさに圧倒されつつも、近づきたくなるのでしょう。これは決してパソコンやスマートフォンの画面からは伝わらない効果です。

 このほかにも一斉に首を持ち上げて求愛行動をするフラミンゴや、チンパンジーたちが高さ11メートルもあるタワーを俊敏な動きで昇り降りするさまなども目を見張るものがあります。