維新・松井代表「私権制限、議論すべき」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

維新・松井代表「私権制限、議論すべき」

私権制限の議論の必要性に言及した日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)=30日午後、大阪市役所(矢田幸己撮影)
私権制限の議論の必要性に言及した日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)=30日午後、大阪市役所(矢田幸己撮影)

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「政治の責任としては、タブー視することなく、私権制限についても議論すべきだ」と述べた。

 松井氏は市役所での記者会見で、性急な私権制限の導入には否定的な見方を示しつつ、緊急事態宣言が発令されても大型連休中の人出の抑制につながっていないと指摘。「有事に際し、どういう形で人の動きを抑制できるのか、私権制限も含めて議論すべきだと思っている」とした。

 その上で「要請だけでは一人一人の行動を止めていくということは非常に困難だと今回はっきりした」とも語った。