北斎模倣画「事実を歪曲」 平沢復興相、中国に抗議 - 産経ニュース

メインコンテンツ

北斎模倣画「事実を歪曲」 平沢復興相、中国に抗議

中国外務省の趙立堅副報道局長がツイッターに投稿した、葛飾北斎の代表作を模倣した絵(共同)
中国外務省の趙立堅副報道局長がツイッターに投稿した、葛飾北斎の代表作を模倣した絵(共同)

 平沢勝栄復興相は30日の記者会見で、葛飾北斎の浮世絵を模倣した風刺画で東京電力福島第1原発の処理水海洋放出を皮肉った趙立堅中国外務省副報道局長のツイッター投稿について「(処理水が海を)汚染させる感じに事実を歪曲し、名画を冒涜する形で報道したのは極めて遺憾だ」と批判し、中国側に強く抗議する考えを示した。

 投稿をめぐっては、茂木敏充外相が28日の衆院外務委員会で「心ない書き込み」と指摘し「中国に対して厳重に抗議する」と発言。27日に外交ルートを通じて中国政府に抗議し、投稿の削除を求めたが、中国側は応じていない。

 趙氏は、北斎の代表作「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」をモチーフに、防護服の人物が船からバケツで液体を海に流す様子が描かれたイラストとともに「北斎が生きていれば非常に心配していただろう」と書き込んだ。