金井大旺「準決勝、明確にイメージできた」 陸上110障害日本記録から一夜明け

 陸上男子110メートル障害の金井大旺(たいおう、ミズノ)が、13秒16の日本記録をマークした織田記念国際(広島市)から一夜明けた30日、オンラインで報道各社の取材に応じ、「これからも更新できるよう頑張りたい。五輪の決勝進出が目標。準決勝でどう持っていけばいいか、より明確にイメージできた」と語った。

 東京五輪の参加標準記録である13秒32も突破したことで、6月の日本選手権(大阪市)で3位以内に入れば代表に決まる。「しっかりトレーニング期を増やし、試合数を減らして(出場する試合で)1本1本、調子を上げていきたい。どういうトレーニングをすると、どんな体になっていくかなど、2020年に気付けた。感覚を信じてやっていきたい」と述べた。