「紀州のドン・ファン」殺害 容疑の元妻を送検 和歌山 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「紀州のドン・ファン」殺害 容疑の元妻を送検 和歌山

送検のため、和歌山県警田辺署を出る須藤早貴容疑者=29日午前11時、和歌山県田辺市(彦野公太朗撮影)
送検のため、和歌山県警田辺署を出る須藤早貴容疑者=29日午前11時、和歌山県田辺市(彦野公太朗撮影)

 「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん=当時(77)=に覚醒剤を摂取させて殺害したとして、殺人と覚醒剤取締法違反の容疑で野崎さんの妻だった須藤早貴(さき)容疑者(25)が逮捕された事件で、和歌山県警は29日、両容疑で須藤容疑者を送検した。

 大粒の雨が降る中、須藤容疑者を乗せた捜査車両は午前11時ごろ、留置先の県警田辺署を出発。後部座席で両側を捜査員に挟まれた須藤容疑者はマスクをつけ、うつむいていた。

 送検容疑は平成30年5月24日、野崎さん宅で何らかの方法で野崎さんの口から致死量を超える覚醒剤を摂取させ、急性覚醒剤中毒で死亡させたとしている。

 県警は須藤容疑者の認否を明かしていないが、捜査関係者によると、任意の事情聴取に対して関与を否定していたという。県警は須藤容疑者が覚醒剤を入手したとみて、入手経路や詳しい殺害方法などを調べる。