「自粛を」「息抜き」路上飲みで行政側と若者らせめぎ合い 京都・鴨川河川敷や大阪

「自粛を」「息抜き」路上飲みで行政側と若者らせめぎ合い 京都・鴨川河川敷や大阪
「自粛を」「息抜き」路上飲みで行政側と若者らせめぎ合い 京都・鴨川河川敷や大阪
その他の写真を見る (1/2枚)

 新型コロナウイルス禍で増えた「路上飲み」。緊急事態宣言が発令されるなかでゴールデンウイークに突入し、多くの自治体はさらなる増加を警戒している。見回りなど対策に乗り出しているが、あくまで呼びかけで、結局はモラルに委ねられているのが現状だ。飲食店で飲めず路上に「息抜き」を求める人たちと、「公園や路上での集団飲酒の自粛」を要請する行政側のせめぎ合いが続いている。(鈴木文也、宇山友明)

 「飲酒は控えるようお願いします」

 27日午後6時ごろ。カップルらが等間隔で座る風景で知られる京都市中心部の鴨川河川敷で、「見回り隊」の府市職員や警察官の計9人が声をかけながらチラシを配りはじめた。

 四条大橋-三条大橋間の約800メートルは、主に20~30代の30組ほどが座り、缶ビールを手にマスクを外したまま語り合うグループも。「見回り隊」に反応し、立ち去る人もいれば、不満を表す人もいる。

 「反感を買うのは分かっているが、屋外で換気は問題にならないので安心」と語るのは、京都市内の女性会社員(24)だ。知人ら約20人で日中から飲酒・飲食をしており、見回り隊から注意を受けたものの、「日が暮れるまで飲むつもり」と言う。