中国が宇宙ステーション建設へ中核施設打ち上げ 22年前後の完成目指す

宇宙ステーション「天宮」の居住区部分を搭載し、中国海南省の発射場から打ち上げられる大型ロケット「長征5号B遥2」=29日(新華社=共同)
宇宙ステーション「天宮」の居住区部分を搭載し、中国海南省の発射場から打ち上げられる大型ロケット「長征5号B遥2」=29日(新華社=共同)

 【北京=三塚聖平】中国は29日、独自の宇宙ステーション「天宮」の建設に向けて、中核施設の打ち上げに成功した。今後も設備の打ち上げを重ねるなど作業を本格化させ、2022年前後に完成させる計画。ハイテク分野をめぐり米国との対立の長期化が見込まれる中で、「宇宙強国」を目標に掲げる習近平指導部は自国主導の宇宙開発を積極化させる方針だ。

 中国メディアによると、中国南部の海南省にある発射場で大型ロケット「長征5号B遥2」を使用し、宇宙ステーションの管理・制御などを担う中核施設「天和」を打ち上げた。同施設は居住部分にもなり、3人の宇宙飛行士が長期滞在できるようになるという。

 今後、物資や飛行士を乗せた宇宙船を打ち上げて、宇宙ステーションの完成に向けた作業を進める。

 日本や米国など15カ国が参加する国際宇宙ステーション(ISS)は老朽化が進んでいる。中国はISSに参加しておらず、独自の宇宙ステーションを武器に宇宙分野で国際的な存在感を示す考えとみられる。

 中国は宇宙開発を加速しており、昨年12月には無人月面探査機「嫦娥(じょうが)5号」が帰還し、月面の土壌サンプル回収に成功。米国と旧ソ連に次いで3カ国目で、44年ぶりの成功だった。

 また、成功すれば米国に次いで2カ国目となる火星への軟着陸と表面探査も目指しており、5~6月の軟着陸を計画する。7月の中国共産党創立100年を前に、国威発揚につなげる考えもあるとみられる。