【ニッポン楽旅事典】ずっしり、あざやか 村抹茶のパウンドケーキ - 産経ニュース

メインコンテンツ

ニッポン楽旅事典

ずっしり、あざやか 村抹茶のパウンドケーキ

村抹茶のパウンドケーキ
村抹茶のパウンドケーキ

 緑かがやく新茶の季節がやってきました。最近、ブームの抹茶スイーツをご紹介します。

 「村抹茶のパウンドケーキ」は京都府でたったひとつの村、南山城村にある「道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村」の人気商品です。

 実は、南山城村は宇治茶の一大産地で、京都府の抹茶の約23%を生産しています。パウンドケーキには、その中でも色鮮やかで苦みの少ない「オクミドリ」の春づみ一番茶だけを贅沢(ぜいたく)に使用しています。水や牛乳を1滴も使っていないためずっしりと濃厚です。目にも鮮やかなグリーンにも癒やされます。

 こちらの商品は、道の駅の加工場で毎日手作りされており、1日100本の限定商品です。今からの季節は冷やして食べるのもおすすめです。

関西中国四国じゃらん

編集長 長田佳子

 お取り寄せは「道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村」のウェブサイト(https://murakyoto.theshop.jp/)から可能。パウンドケーキは1404円(送料別)。とろとろの滑らかな食感が美味しい「むらちゃプリン」や新茶も販売している。