「紀州のドン・ファン」元妻逮捕 自宅周辺は騒然「全容解明を」(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

「紀州のドン・ファン」元妻逮捕 自宅周辺は騒然「全容解明を」

急死した野崎幸助さんの自宅(右)前に集まった報道関係者ら=28日午後、和歌山県田辺市
急死した野崎幸助さんの自宅(右)前に集まった報道関係者ら=28日午後、和歌山県田辺市

 平成30年5月、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん=当時(77)=が急死した事件。発生から3年近くが経過した28日早朝、殺人などの疑いで野崎さんの妻だった須藤早貴(さき)容疑者(25)=東京都品川区=が逮捕され、野崎さんの自宅周辺では驚きとともに全容解明を求める声があがった。

 市内の閑静な住宅地にある野崎さんの自宅。事件発生当初は連日、報道陣やワイドショーの関係者が詰めかけたが、報道合戦が沈静化して以降は元通りの静けさを取り戻していた。

 しかし、3年近く経過したこの日、急展開した捜査を受け、自宅周辺は再び報道陣らでごった返した。

 近所に住む男性会社員(41)は「事件は迷宮入りで終わると思っていたが、ネットニュースで逮捕を知った」と振り返り、「これで、もやもやした感じは解消した。警察には早く全容解明してほしい」と期待した。

 近所のアルバイト女性(20)は小学生のころ、登校中に野崎さんから声をかけられたことがあったといい、「テレビで逮捕を知ってびっくりした」と打ち明けた。「小学校のころ、野崎さんの家に行き、愛犬を触ったこともあった。やさしいおじいちゃんという感じの人だった」と思い起こした。