リニア9年開業、ますます困難に 工事費さらに増加のおそれも - 産経ニュース

メインコンテンツ

リニア9年開業、ますます困難に 工事費さらに増加のおそれも

走行試験が進むリニア中央新幹線=山梨県笛吹市御坂町竹居(渡辺浩撮影)
走行試験が進むリニア中央新幹線=山梨県笛吹市御坂町竹居(渡辺浩撮影)

 JR東海が計画してきたリニア中央新幹線の令和9年の開業がますます難しくなっている。同社は27日、東京・品川-名古屋の工事費が当初計画の5兆5200億円から約1兆5千億円増え、7兆400億円になるとの見通しを発表。今後、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ運輸収入の回復の遅れやさらなる工事費増などが現実になれば、健全経営が揺らぎ、工期の見直しに手をつけざるをえなくなるおそれがある。同社は9年開業の困難さを認めつつ、開業延期の表明には至っていないが、苦渋の決断が不可避になりつつある。

 「工事費が増加することが工期に影響することはない」。丹羽俊介取締役常務執行役員は27日の会見でこう強調した。

 同社は工事費増の理由として、名古屋駅の地下水の増加や品川駅の地下部分の施工条件の困難さが新たに判明したことを挙げた。また愛知県内に昨年3月に完成した実験施設での走行試験で、地震に備えて新たに橋脚などを強化する必要が判明したことも主な要因のひとつだという。

 一方、同社は、コロナ禍による運輸収入の落ち込みで、工事費不足に陥らないかを確認するため、昨冬以降に改めて工事費用を精査したと説明。コロナ禍前の平成30年度比で令和5年度には90%まで運輸収入が回復するとの見通しを立てており、「工事費増を盛り込んでも健全経営を維持する」(丹羽氏)としている。

 しかし同社も「緊急事態宣言中で見通しは難しい」と認める通り、運輸収入の回復が想定通りに進むかは不透明だ。また担当幹部は「今後の大幅な工事費増加は見込んでいない」と述べたが、今回浮上した名古屋駅などでの新たな課題に加え、未着工の静岡工区での難工事も想定されており、さらに工事費用が増える可能性も拭えない。

 「健全経営と安定配当を堅持できない場合は工事のペースを調整」。27日に発表した資料でも同社はこう示している。9年開業にはすでに静岡工区の着工という高いハードルを越える必要があるが、業績回復の達成と工事費の抑制という新たなハードルを越えるのも厳しそうだ。(大坪玲央)