吉村知事「逃げずに議論を」 酷評の明石市長に反論 コロナ対策の私権制限

大阪府の吉村洋文知事(左)は、自身を批判した兵庫県明石市の泉房穂市長に反論した
大阪府の吉村洋文知事(左)は、自身を批判した兵庫県明石市の泉房穂市長に反論した

 大阪府の吉村洋文知事は27日、兵庫県明石市の泉房穂(いずみ・ふさほ)市長が、新型コロナウイルス感染の急拡大時に個人の自由を制限する法律が必要だとした吉村氏の発言を批判したことに「私権制限はしないという前提が、本当に社会の安全を守るために適切なのか。タブー視されているが、逃げずに議論すべきだ」と反論した。府庁で記者団に語った。

 吉村氏は23日、医療体制が逼迫(ひっぱく)する中、より強い感染症対策を取れるよう個人の自由を制限する法整備に取り組むべきだとの認識を示した。

 これに対し、泉氏は26日の記者会見で「病床が確保できていないのに私権制限はやってはいけない。政治家の責任放棄で、失格だ」と非難。「(病床)確保に約1年間努力してこなかった知事のせいだ」と吉村氏の対応を批判した。

 吉村氏は27日、個人の自由について「原則としてあるべきだし、憲法上保障されている」と断った上で「これからも病床は確保していくが限界はある。そう考えると個人の自由は一定程度、感染急拡大時は我慢してもらうことが必要だ」と改めて主張した。