【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

池袋暴走事故 被告人質問詳報

(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定

旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告=2019年5月18日、東京都豊島区(三尾郁恵撮影)
旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告=2019年5月18日、東京都豊島区(三尾郁恵撮影)

《東京・池袋で平成31年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、松永真菜(まな)さん=当時(31)=と長女、莉子(りこ)ちゃん=同(3)=が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の公判は、弁護側の被告人質問が終わり、検察側の質問に移った》

《検察側は、ドライブレコーダー(ドラレコ)の映像と飯塚被告の記憶違いについて追及していく》

検察官「(亡くなった)松永さん親子は、乳母車を押していたと言っていったが、ドラレコでは自転車だった」

飯塚被告「はい」

検察官「ドラレコでは、左車線に変更し右へ行き、また左と計3回、車線変更をしている」

飯塚被告「覚えてない」

検察官「ドラレコでは、前を走るバイクに接近して車線変更したように見える。焦った運転をしたという記憶は」

飯塚被告「全くない」

検察官「カーブを曲がるスピードが思ったより速く、自分でもスピードの危険を感じなかったか」

飯塚被告「危険は感じなかった」

検察官「(事故後に)警察官が運転を試した際、横滑り開始直前だったと(捜査資料に)ある。スピードについても、記憶違いがあったと思わなかったか」

飯塚被告「思わなかった」

検察官「(飯塚被告が事故直前に)『おー』という声を発したのは、焦ったということではないか。ドラレコを見て、(当時の)記憶が戻ることはなかったか」

飯塚被告「記憶が戻ることはなかった」

検察官「つまり、記憶違いをしていた」

飯塚被告「記憶違いの…(数秒沈黙)かもしれません」

《検察官は、飯塚被告の記憶と、実際に起きた状況に齟齬が多数あることを指摘していく》

検察官「結局、あなたの記憶と当時の違いは1つや2つではないということ。しかもね、どの車線とか、何をしようとしていたとか、重要なところでも記憶違いがある」

飯塚被告「ドラレコと違う点はあった」

検察官「そうすると、アクセルペダルが床に張り付いていたのを目視したというのは、どういう動きをしたのか」