松山英樹選手に総理大臣表彰 「被災地に大きな勇気」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

松山英樹選手に総理大臣表彰 「被災地に大きな勇気」

マスターズを制し、帰国会見に臨んだ松山英樹
マスターズを制し、帰国会見に臨んだ松山英樹

 加藤勝信官房長官は27日の記者会見で、ゴルフのマスターズ・トーナメントで日本男子初のメジャー優勝を果たした松山英樹選手に内閣総理大臣顕彰を授与すると発表した。顕彰は50件目で、個人としては34人目。30日に首相官邸で顕彰式を行う。

 加藤氏は松山選手の功績について「わが国のスポーツ振興に大きく貢献した」と説明。松山選手が東北福祉大学(宮城県)出身で、在学時に東日本大震災が発生したことを踏まえ「被災地を励まし続けられ、(発災から)10年目の節目に今回の優勝ということで、改めて大きな勇気を与えていただいた」とたたえた。

 内閣総理大臣顕彰は国の重要政策の遂行、災害防止・救助、学術・文化の振興などに貢献した人・団体で、特に功績が顕著で全国民の模範と認められる対象に授与される。