飲食OK、ハザードランプで喝采 国内初の常設ドライブインコンサート 栃木・護国神社

飲食OK、ハザードランプで喝采 国内初の常設ドライブインコンサート 栃木・護国神社
飲食OK、ハザードランプで喝采 国内初の常設ドライブインコンサート 栃木・護国神社
その他の写真を見る (1/3枚)

 新型コロナウイルスの影響でイベント開催の制約が続く中、密を避けて車に乗ったままライブ演奏を楽しむ「ドライブインコンサート」が栃木県内で人気を呼んでいる。車内で飲食ができ、拍手の代わりにハザードランプを使うなど、新しいライブ演奏の楽しみ方を提供しているからだ。仕掛け人は、コロナ禍において国内初めての常設会場をつくった栃木県護国神社(宇都宮市)だ。(鈴木正行)

微弱FM電波を活用

 欧米では知られているドライブインコンサート。アーティストの演奏などを微弱のFM電波で送り、車内のカーステレオで楽しむ。微弱電波で小エリアに絞るため、放送免許の必要がないのがメリットだ。音質もFMならではの高品質で、観客は音楽が十分楽しめる。

 この方式を手掛けるのは、音響や映像を手掛ける日本オービス(宇都宮市)の代表取締役、横山康男さん(67)。横山さんは、日本映画「子猫物語」(昭和61年公開)の公開前の試写会をドライブインシアター方式で実施するなど、技術面に詳しかった。

 「この技術を生かし、演奏会を開けない演奏家の力になりたい」(横山さん)と、3密(密閉、密集、密接)対策をとったうえで昨年6月、同市内でドライブインコンサートを開催した。横山さんは「少し前にベルギーでドライブインコンサートが開かれたばかり。多くのメディアで紹介された」と振り返る。

鎮守の森に常設会場

 このときのコンサートを鑑賞した護国神社の稲寿(いな・ひさし)宮司は、車内にいながら迫力のある演奏を楽しめる素晴らしさを実感。横山さんに相談し、鎮守の森に囲まれた境内にステージを常設することを決めた。