現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

4月26日

 東京や大阪では、3度目の緊急事態宣言が発令され、街は静まり返っていた。と、書くつもりで会社に行く前に新宿で途中下車した。百貨店や大型店は食料品売り場を除いて閉まっており、さすがに森閑としていたが、駅周辺は昨年の今頃に比べれば、結構人が出ていた。

 ▼緩みといってしまえば、それまでだが、こちとらも取材と称して出歩いているから大きなことは言えない。3丁目まで足を延ばしてみると、新宿末廣亭が木戸を開けていた。仕事がなければ寄っていきたいところだったが、はて、お上は寄席に無観客開催を要請していたはず。

 ▼末廣亭と同じく営業を続けている浅草演芸ホールは、こう宣言している。都の要請文には「社会生活の維持に必要なものを除く」という一文があり、大衆娯楽である寄席は、「(これに)該当すると判断した」と。

ランキング

  1. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  2. 【産経抄】5月20日

  3. 【浪速風】根拠なかったW杯の悪評

  4. 【主張】処理水の海洋放出 妖怪「風評」の根を絶とう

  5. 【主張】全世代型社会保障 画餅とせず具体的工程を

  6. 【宮家邦彦のWorld Watch】コロナとテロとゴルゴ13

  7. 【正論】「令和臨調」が挑む日本の課題 キッコーマン名誉会長、日本生産性本部会長・茂木友三郎

  8. 【野口健の直球&曲球】栗城史多さん、1つぐらい諦めてもよかったのに…

  9. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

  10. 【主張】NATO北方拡大 露大統領の戦略的敗北だ

会員限定記事