与野党、28日の参院憲法審で正式合意

 与野党は26日の参院憲法審査会幹事懇談会で、今国会初となる審査会を28日に開く日程で正式に合意した。審査会では各派の意見表明を行った後、自由討議を実施する。参院憲法審は平成30年2月以来、実質審議は行ってこなかった。

 幹事懇後、与党筆頭幹事の石井準一氏(自民党)は記者団に「歴代会長や与野党筆頭幹事らの思いがようやく実現した。28日は緊張感を持って取り組んでいきたい」と述べた。

 衆院憲法審は今国会ですでに2度の審査会を開いており、与党は憲法改正手続きを定めた国民投票法改正案について、5月6日の採決日程を提案、野党が持ち帰っている状態だ。