大阪・池田市サウナ問題 冨田市長が辞職の意向表明

大阪・池田市サウナ問題 冨田市長が辞職の意向表明
大阪・池田市サウナ問題 冨田市長が辞職の意向表明
その他の写真を見る (1/3枚)

 庁舎内に私物の家庭用サウナなどを持ち込むなどの問題が明らかになった大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が26日、会見を開き、辞職する意向を表明した。「一連の問題のけじめと責任を取る」と述べた。ただ、時期については明言せず、新型コロナウイルス対応を優先するとした。

 辞職時期について問われると冨田氏は「高齢者のワクチン接種に一定のめどが立ったとき」「年内の早い時期になるのでは」と答えるにとどめた。

 一方、市議会は27日の臨時市議会で冨田氏に対する不信任決議案を提出する方針を固めている。対して冨田氏は「可決されれば、コロナ禍での選挙となる。高齢者を危険にさらすわけにはいかない」とし、不信任案提出を回避するよう副市長を通じて要請する考えを示した。

 また、不信任案が可決された場合、冨田氏は議会を解散し、市長選と市議選のダブル選挙に持ち込む可能性を示唆。自身の立候補については「市政の課題、改善をやりきるために十二分にありうる」と話した。

 市議会調査特別委員会(百条委)は、冨田氏が証人喚問で虚偽の答弁をしたとして、地方自治法違反罪で大阪地検に告発する方針を決めているが、冨田氏は「告発受理の対象にはならない」との見解を示した。

 また、百条委がまとめた報告書案では、私物持ち込みを公私混同と指摘し、市職員へのパワーハラスメントを認定、「市長としての資質に欠ける」と指弾した。これに対して冨田氏は「言いたいことは山ほどある」として、5月にも改めて説明する場を設ける考えを示した。

 冨田氏は平成31年4月の市長選で大阪維新の会の公認候補として初当選。現在1期目。サウナ問題が発覚直後の昨年11月に離党した。