名古屋市長選、河村氏が5選 新人3人破る

名古屋市長選で5選を決め、支持者から水を掛けられる河村たかし氏=25日夜、同市
名古屋市長選で5選を決め、支持者から水を掛けられる河村たかし氏=25日夜、同市

 任期満了に伴う名古屋市長選は25日投開票され、無所属現職の河村たかし氏(72)が、元市議の横井利明氏(59)=自民、立民、公明、国民推薦=ら無所属新人3人を破り、平成23年の出直し市長選を含めて5選を果たした。投票率は42・12%で、前回選を5・22ポイント上回った。

 市民税減税など独自の政策を展開した3期12年の河村市政への評価が争点となる中、4期目を目指した河村氏は新型コロナウイルス禍の経済対策として市内でのキャッシュレス決済での買い物に上限2万円分の還元を公約。高い知名度を生かして接戦を制した。

 選挙戦で、署名偽造が発覚した大村秀章・愛知県知事のリコール(解職請求)運動を支援した河村氏の責任の有無も争点となった。

 市政刷新を訴えた横井氏は全市民への2万円分の商品券配布を公約。4党の推薦や共産党県委員会の支援も受けたが及ばなかった。