大金動く在留ベトナム人の丁半博打「ソックディア」の災厄

大金動く在留ベトナム人の丁半博打「ソックディア」の災厄
大金動く在留ベトナム人の丁半博打「ソックディア」の災厄
その他の写真を見る (1/2枚)

 在留ベトナム人の増加に伴い、各地で高額な賭け金が行き交うベトナム式賭博の立件が相次いでいる。ときには数百万円もの金がやり取りされることもあり、ギャンブルに端を発した暴行トラブルや窃盗事件も起きている。事情に詳しい識者は、新型コロナウイルス禍の影響を指摘する。彼らのコミュニティーで今、何が起きているのか。

賭博の名は「ソックディア」

 「いくら賭ける?」

 「500万出せよ!」

 受け皿の上に、ふたをするように伏せられた茶碗(ちゃわん)。それを挟んで両サイドの男たちから景気のいいベトナム語が飛び交う。一万円札の束が無造作に賭場にほうり投げられ、ベット(賭け)は終了。全員の視線が一点に注がれる。そして「親」が茶碗を開けた瞬間、勝者と敗者が決し、負け側の札束が次々と回収されていった。

 これは日本国内で撮影されたベトナム式賭博「ソックディア」の一場面。ベトナム語で「皿を振る」。丁半ばくちの一種だ。

 日本の丁半ばくちではサイコロを使うが、ソックディアではその代わりに、トランプのマークの切り抜きなどを用いる。

 ルールはいたって単純。親は皿の上にトランプのマークが書かれた紙片を4枚置き、その上から茶碗やコップをかぶせて上下に振る。参加者は表を向いた紙片が奇数枚か偶数枚かを予想して金を賭けるのだ。

 勝てば賭け金と同額を得ることができ、負ければ没収される。奇数か偶数かだけでなく、その枚数まで当てると、5~10倍で払い戻しされる「高額配当表」が用いられる場合もあるという。

相次ぐ賭けのトラブル

 兵庫県姫路市では2月、経営する飲食店内で、ベトナム人客にソックディアをさせて手数料を受け取っていたとして、兵庫県警が賭博開帳図利の疑いで、ベトナム国籍の女を逮捕。女の夫や長男も幇助(ほうじょ)罪で逮捕され、店の客だった30~50代の男女12人が単純賭博容疑で書類送検された。