生後3カ月、求む名付け親 フンボルトペンギン 群馬サファリパーク(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

生後3カ月、求む名付け親 フンボルトペンギン 群馬サファリパーク

 親と一緒に出てきたのは、3カ月近くが経過した3月28日のこと。ヒナは「幼毛(ようう)」と呼ばれる灰色の毛で覆われていて、これが立っているので見た目は母親より大きく、いきなり立派な姿でプールに入ると元気に泳ぎ始めました。

 ただ、幼毛を差し引けば、さすがに成獣よりは少し小さく、見た目も当然ながら、幼い。フンボルトペンギンの成獣は目から首にかけて半月の白い斑点が入り、個体差はあるものの胸に白く黒い帯状の模様と斑点がありますが、ヒナの体の模様はまだボンヤリしています。くちばしの基始部を覆うピンク色の彩りも、まだありません。

 なにしろ、まだ性別も不明なのです。判定は意外と難しく、DNA鑑定か腹腔鏡で調べるしかなく、DNA鑑定も確実ではないのです。実は名前もまだありません。そこで来園された方に名前をつけてもらうことにしました。バードパーク入り口の応募箱で受け付けています。期間は連休最終日の5月9日まで。ぜひ、かわいい姿を見て、よい名前を付けてください。

 (群馬サファリパーク園長 川上茂久)

群馬サファリパーク】 群馬県富岡市岡本1▽開園時間=午前9時半~午後5時(11月~2月末は午後4時半)▽入園料=高校生以上2700円、中学生~3歳1400円▽水曜休園▽新型コロナウイルス対策=バスの定員を80%に抑え、トイレは光触媒で除菌、各施設にアルコール消毒液を設置▽0274・64・2111

FIGHT10(ファイト・ナイン)】 少子化や人口減による入場者数確保に悩む地方の動物園や水族館の課題解決に向け、北関東3県と福島県の10施設が連携した取り組み。動物との触れ合いを通し命の大切さを学んでもらうとともに、地域活性化を目指しスタンプラリーの他、持ち回りで移動動物園などのイベントを行っている。命名は福島(F)、茨城(I)、群馬(G)、栃木(T)4県の頭文字に「心の絆」を表すハート(HEART)のHをあてた。

 10施設は以下の通り。

 【福島県(F)】アクアマリンいなわしろカワセミ水族館、アクアマリンふくしま

 【茨城県(I)】アクアワールド茨城県大洗水族館、日立市かみね動物園

 【群馬県(G)】桐生が岡動物園、群馬サファリパーク

 【栃木県(T)】宇都宮動物園、那須どうぶつ王国、栃木県なかがわ水遊園、那須サファリパーク