浅草演芸ホール、通常営業へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

浅草演芸ホール、通常営業へ

 落語の寄席などを開催している東京都台東区の老舗演芸場、浅草演芸ホールは24日、都内に3度目となる緊急事態宣言が発令される25日以降も通常通り営業を続けると発表した。都は演芸場に対し「無観客開催」を要請しているが、「社会生活の維持に必要なものを除く」との例外が設けられており、同ホールは大衆娯楽である寄席はこの条件に該当すると判断した。

 同ホールによると、25日以降もこれまでと同様に館内の観客を半数以下に抑えて営業する方針。担当者は「営業は続くのかどうか、朝から問い合わせも50件ほどある。通常営業継続は独自に判断した」と話した。

 一方、新宿区の新宿末広亭も24日、感染対策を徹底しながら25日以降も興行を続けると発表。ツイッター上で「昔からの伝統芸能で今もなお、途絶えずに伝わっているということは、社会生活の維持に必要なものであると解釈している」と説明した。