案里氏連座訴訟 本人出廷せず 広島

 公選法違反(買収・事前運動)で有罪が確定した河井案里前参院議員(47)に対し、同じく有罪となった元公設秘書との連座制を適用し、参院広島選挙区から5年間立候補を禁止するよう広島高検が求めた行政訴訟の第1回口頭弁論が23日、広島高裁(横溝邦彦裁判長)で開かれ、即日結審した。判決は5月21日。

 案里前議員側は本人も代理人も出廷しなかった。案里前議員は辞職時に発表したコメントで、連座制訴訟では争わないと表明していた。

会員限定記事会員サービス詳細