10月末まで議員歳費2割減 コロナ禍、改正法成立

国会議事堂=東京都千代田区(春名中撮影)
国会議事堂=東京都千代田区(春名中撮影)

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて昨年5月から実施している国会議員歳費の2割削減について、4月末に迎える期限を10月末まで延長する改正歳費・旅費・手当法が23日の参院本会議で可決、成立した。延長幅は衆院議員の任期が10月21日で満了するのに合わせた。

 歳費は月額129万4千円と規定されているが、2割減の103万5200円を5月以降も継続する。