米政権、富裕層の株売却課税2倍へ 来週発表と米報道、トランプ減税から転換 - 産経ニュース

メインコンテンツ

米政権、富裕層の株売却課税2倍へ 来週発表と米報道、トランプ減税から転換

気候変動に関するオンライン首脳会合で発言するバイデン米大統領=22日
気候変動に関するオンライン首脳会合で発言するバイデン米大統領=22日

 米政権は、富裕層の株式売却益に対する最高税率を約2倍の39・6%へ引き上げる方針だ。複数の米メディアが22日伝えた。教育や子育て支援を柱とする次の成長戦略の財源として、1兆ドル(約108兆円)超の増税案に盛り込む。バイデン大統領が来週発表する。

 富裕層への課税強化により、新型コロナウイルス禍で加速する富の集中を是正する狙い。所得税の最高税率も37%から39・6%に引き上げ、高所得者に有利な「トランプ減税」を転換させる。ただ野党共和党の反対は必至で、実現までは曲折が予想される。

 増税案はバイデン氏が大統領選の公約で掲げていた内容。連邦政府が株式の売却益に課している「キャピタルゲイン課税」の最高税率は現在20%で、これを年間所得が100万ドル超の富裕層を対象に上げる。(共同)