西川元農水相が不出馬表明 次期衆院選 - 産経ニュース

メインコンテンツ

西川元農水相が不出馬表明 次期衆院選

衆院栃木2区の自民党支部会合で不出馬を表明した後、取材に応じる西川公也氏=23日午後、宇都宮市内
衆院栃木2区の自民党支部会合で不出馬を表明した後、取材に応じる西川公也氏=23日午後、宇都宮市内

自民党の西川公也元農林水産相(78)=衆院栃木2区で落選=が23日、次期衆院選に出馬しない意向を表明した。自らが支部長を務める党支部会合で明らかにした。会合後の取材に「県連は候補者を公募したいとの意向だ。円満に決まるなら支部長を交代したい」と話した。西川氏の不出馬をうけ自民県連は、後継の公認候補を決める公募を行う。

宇都宮市内で開かれた会合には同選挙区内の党支部長や県議ら約30人が出席したが、西川氏の考えに理解を示したという。不出馬を決めた理由について、西川氏は「年齢制限で比例代表と重複立候補できない。万一敗れたら、多くの方に迷惑と負担をかける」と述べた。

立候補しない意向を示した西川氏だが、党幹事長特別参与として「政治活動は続けたい」という。自らが所属する派閥の長で、党幹事長の二階俊博氏と3日前に相談したことを明かし、「『できることはやってもらう』とありがたい言葉を頂いた。中国の農産物輸入規制の解除などに取り組みたい」と話した。

後継候補について自民県連は、ゴールデンウイーク明けに公募を始め、6月5日の県連大会までに選出する方針。25日に選挙対策本部会議を開き、詳細を正式に決める。西川氏の長男、鎭央県議(49)=さくら市・塩谷郡選挙区=が意欲を示しているほか、ほかの県議や地元出身の官僚などの擁立を模索する動きもある。

西川氏は県職員、県議を経て平成8年から衆院議員に6回当選したが、直近2回は立憲民主党の福田昭夫氏に選挙区で連敗。比例代表との重複立候補をしなかった29年は落選した。また昨年には鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループ元代表から接待を受けたことが判明して内閣官房参与を辞任。県連内には他の候補者擁立へ向けた動きが出ている。

2区は県内5小選挙区で唯一、自民の「空白区」となっている。ある地元議員は「勝つためには、一致結束できる候補を選ぶことが必要だ」と話した。