拘束の中国人学者を起訴 スパイ罪、北海道で勤務 - 産経ニュース

メインコンテンツ

拘束の中国人学者を起訴 スパイ罪、北海道で勤務

中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)
中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)

 中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は22日の記者会見で、2019年に北海道から一時帰国して以降、スパイ容疑での拘束が続いている中国人学者、袁克勤(えん・こくきん)氏が既に起訴されたと述べた。起訴事実や罪とされた行為は明らかにしなかった。

 袁氏は北海道教育大教授だった19年5月に一時帰国し、同6月から連絡が取れなくなった。中国外務省は昨年3月に拘束を発表。家族によると袁氏は今年3月末、拘束されたまま定年退職の扱いとなった。拘束後、親族も弁護士も一度も面会できていない。

 汪氏は袁氏に関して「中国国民だ。スパイ犯罪に関わった疑いで国家安全部門が法に基づき調べた。犯罪事実を包み隠さず自供し、事実もはっきりしており、証拠も確かだ」と主張した。(共同)