ゴルフのフジサンケイLで大会関係者2人が陽性 濃厚接触者なく予定通り開催

フジサンケイレディスクラシックの大会事務局と日本女子プロゴルフ協会は22日、選手ら630人を対象に実施した新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で、大会関係者2人が陽性判定だったと発表した。該当者は施設を利用しておらず、濃厚接触者もいないという。大会は感染防止対策を徹底して予定通り開催される。

会員限定記事会員サービス詳細