公道リレー中止の松山で式典 知事は泣いて陳謝 - 産経ニュース

メインコンテンツ

公道リレー中止の松山で式典 知事は泣いて陳謝

 愛媛県に入った東京五輪の聖火リレーは21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公道でのリレーが中止となった松山市の松山城城山公園で「点火セレモニー」が開かれた。走る機会がなくなった市民ランナーたちがトーチで聖火をつなぎ、聖火皿にともした。

 式典は無観客で行い、中が見えないよう視界を遮(さえぎ)るシートで会場を囲った。走れなくなった27人全員が集い、俳優の永瀬正敏さん(54)や、2004年アテネ五輪と08年北京五輪の女子マラソンに出場した土佐礼子さん(44)も参加。27人は1列に並んで順番に聖火を引き継ぎ、最後に受け取った土佐さんがトーチを聖火皿にかざすと、炎が勢いよく上がった。

 式典で中村時広知事は「走ることを楽しみにしていた皆さんに機会を与えられず、すみません」と泣きながら陳謝した。

ボトムコンテンツ