安倍前首相が靖国神社を参拝 菅首相は真榊奉納

春季例大祭に合わせ靖国神社を参拝した安倍前首相=21日午前、東京・九段北
春季例大祭に合わせ靖国神社を参拝した安倍前首相=21日午前、東京・九段北

 菅義偉(すが・よしひで)首相は21日、東京・九段北の靖国神社で始まった春季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 菅義偉」名で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。田村憲久厚生労働相と井上信治万博相も真榊を奉納した。

 首相は昨年秋の例大祭でも真榊を奉納している。官房長官時代は奉納していなかったが、安倍晋三前首相の在任時の対応に倣った。

 一方、安倍氏は21日、靖国神社を参拝した。参拝後、記者団に「国のために戦い、尊い命を犠牲にした英霊に尊崇の念を表するために参拝した」と語った。安倍氏は首相退任直後の昨年9月と、同10月の秋季例大祭でも参拝している。

 靖国神社にとって、4月と10月の例大祭は最も重要な祭事とされる。加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、首相の靖国神社参拝や真榊奉納について「首相が適切に判断されることがらだ」と述べていた。