日台ハーフの味 台湾出身の女性料理人、自作「味噌だれ」で新商品賞

日台ハーフの味 台湾出身の女性料理人、自作「味噌だれ」で新商品賞
日台ハーフの味 台湾出身の女性料理人、自作「味噌だれ」で新商品賞
その他の写真を見る (1/2枚)

 埼玉県内で台湾料理店を経営した経験を持つ料理人の蘭新恵(らん・しんえい)さん(55)=同県狭山市=が考案した味噌(みそ)だれが、同県物産観光協会が主催する「新商品AWARD2020」で金賞を受賞した。蘭さんは台湾出身で、2年前に日本国籍を取得。県内の老舗企業が並ぶ受賞者の中で唯一の海外出身者となった。

 受賞した商品は、同県毛呂山町の特産品「桂木ゆず」などを食材に用いた「桂木ゆず旨辛味噌だれ」。町内に開いていた台湾料理居酒屋で、焼き鳥や野菜スティックに添える調味料として出していたものだ。市販品の味に納得できなかった蘭さんが、白みそと麹みそをベースに、細かく刻んだ桂木ゆずや豆板醤(トウバンジャン)、ニンニクを加えて自作した。

 日本の特産品のゆずと、台湾料理の代表的な食材である豆板醤やニンニク-。蘭さんは「日本と台湾のハーフの味」と胸を張る。辛みとゆずの清涼感が絶妙にマッチした味わいは店の常連客に好評で、「絶対に売れる」と背中を押されて商品化に挑戦した。

 とはいえ、商品開発の経験がない蘭さんと取引をしてくれる工場はすんなりとは見つからず、複数の工場に何度もメールを送るなど苦労を重ねたという。

 毛呂山町内の工場が製造を引き受けてくれることが決まった後、店の味を忠実に再現するために約半年間の試行錯誤を重ね、商品は昨年12月に完成した。直後から販売が始まり、100グラム入り1袋680円(税込み)で、埼玉県内の物産店やインターネット通販で扱っている。海外からの旅行客向けに空港で売ることも検討しているそうだ。

 蘭さんは台湾北東部の宜蘭(ぎらん)県生まれ。高校時代に生け花クラブに所属したことをきっかけに日本文化に親しみを覚えるようになり、平成元年に来日した。料理人だった祖母の影響を受け、飲食店勤務などを経た後に毛呂山町に店を開いた。

 「日本は豊かな自然が残っており、台湾と似ている部分が多い。食を通じて日本と台湾の懸け橋になりたい」

 受賞を喜ぶ言葉に料理人の自負心がにじんだ。(竹之内秀介)