困難乗り越えた経験を発信 五輪機運醸成へ初の合同アスリート委員会

 東京五輪・パラリンピック組織委員会と日本オリンピック委員会(JOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)の3団体による初の合同アスリート委員会が20日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルスの影響で延期された東京五輪・パラリンピックの機運醸成や選手のモチベーション向上などについて意見交換した。

 大会をめぐっては開幕まで100日を切った今も、感染拡大への不安などから批判的な声が絶えない。

 会合では5月以降、「つなぐ」をテーマに困難を乗り越えた経験などを選手が会員制交流サイト(SNS)を通じ発信する方針を確認。6月には小中学校、高校を対象にオンラインでの交流イベントを開催することも決めた。

 組織委のアスリート委員長を務めるマラソン五輪金メダリストの高橋尚子さんは、世界がコロナ禍にあえぐ中で「限界に立ち向かい、越えてきたアスリートの姿は、前向きな発信につながるのではないか」と説明した。

 同席したJOCの山下泰裕会長は「(選手から)『社会に対し何ができるのか』という発言もあり、頼もしく感じた。1日も早く安心・安全な大会の形が示されると、国民のみなさんも大会に向けもう少し前向きになっていただけるのかな」と語った。